【育児カウンセラーブログ】夢が教えてくれたもの

育児カウンセリング・女性のケア担当の稲吉 静です。

新年度になって5日目のこと。

小2になった息子が久々に夜泣きをしました。

「わーーーっ!」っと叫びながらジタバタし、隣にいる姉たちに体当たりを始めたので、眠さを振り切って慌てて起きて、だっこして抑えます。

からだが段々大きくなってきて、力も強くなっているので、抑えるのが大変!

でも、しばらくすると腕の中で落ち着き、今度はしくしくと泣き出しました。

そして、さめざめと泣きながらこう言うのです。

「こわい夢見た…」

「死にたくないよぅ…。生きたいよぅ…。生きて幸せに暮らしたいよぅ…。」

「ママ、○○君が死んでも、ずっと覚えててくれる?忘れないでいてくれる?」

我が子の衝撃のことばにびっくりして、怖くなって、不安になって、涙が出てしまい、ただただ息子をぎゅーーーーっと抱きしめるしかできませんでした。

不安をかき消すために、ギュー――っと。

気が動転して、息子を安心させてあげられるようなことばも出てきませんでした。

そうしているうちに、息子は腕の中ですぅすぅと寝息を立てて寝始め、ふとんに降ろしても起きずに、そのまま再び眠りにつきました。

そのあと母がしばらく眠れなかったのは言うまでもありません(苦笑)。

そんな新年度の夜中の2時。

次の日に息子に夢のことを聞いてみると「キリンに食べられた」と。

「ねーねたちも、こどもはみんな(食べられた)」

「おかあさんとおとうさんは食べられなくて、こどもたちのことを覚えてなかった」と。

その場にいたねーねたちも「キリンに食べれた!?こわっ!!」と言いながら、でも、ちょっと滑稽でみんなで笑ってしまいました。

実はまだ夜中に聞いた息子のことばが残り、身体に恐怖と不安の感覚が残っていた私は、その笑いでふっといろいろなものがほどけ、安心の感覚が戻ってきました。

なので今、この文章を書けています(上の息子のセリフを書くときはやっぱりちょっとドキドキしましたが(^-^;))

ここで少し、夢とこころの関係について書いてみたいと思います。

心理学の考えの一つに、夢にはその時のその人の無意識の部分が映し出されると捉える考え方があります。

夢にその人の精神状態やこころの課題があらわれていると仮説を立てて、その人の状態を知るひとつの手掛かりにします。

今回の息子の夢。

その時はただただ怖いとしか思えなかったのですが、同職の夫と話すうちに落ち着いて、今の息子の心理状態の仮説が見えてきました。

この春休み、家族旅行で、ある動物園に行ったのですが、そこにはキリンがいて、誰でも餌をあげられるようになっていました。

柵のところで餌をちらつかせていると、キリンがのしのし寄ってきて、大きくて長い舌をだして餌を食べます。

間近で見るキリンは、大きくて大迫力!

息子も餌をあげて楽しんでいるように見えました。

娘は餌と一緒にキリンに手をなめられ大騒ぎ。

私も餌をあげました。
自分の手よりも大きくて長い舌がにょーと伸びてきて、餌を巻き取り、食べる。

餌を離さずに持っていると、キリンは一生懸命餌を食べようと力強く引っ張るので、自分の手も持っていかれるような感覚があります。

ちょっと怖いから、いつの間にか餌から手を放している感じ。

大人でも引っ張られる感覚があるのだから、こどもはもっと強く引かれる感覚を持つのではないでしょうか。

息子も実は楽しいけどちょっと怖い、そんな気持ちで餌をあげていたのかもしれません。

そんな、自分の力ではどうすることもできないキリンのような大きな存在に食べられる。

怖いですね・・・。

新年度は、こどもたちにとって、自分ではどうすることもできない環境の変化がたくさんあります。

ひとつ大きくなる責任感。

2年生は、一番下で守られてきた学年からの卒業。

新しい勉強。すこし難しくなった勉強。

新しいクラス。新しい先生との出会い。新しい友達との出会い。

新しい関係性を自分の力で創り上げていく期待と不安。

などなど。

そして、それと一緒に、周りの人の期待と責任感も、自然と膨らみます。

ひとつ大きくなったんだから、きっとこれくらいはできる。

ひとつ大きくなったんだから、これくらいはやってほしい。

ひとつ大きくなったんだから、少し厳しく。

そういえば息子が、「先生たちが『2年生なんだから』ってちょっと怖くなったんだよ」と言っていました(息子の主観ですが)。

親も自然に、「2年生だから」のオーラがあふれてしまっていたのかもしれません。

でも、よく考えたら、新年度を境にひとつ学年が上がっただけで、息子は旧年度からの「ひと続き」の息子なのです。

自分ではどうにもできない大きなものに飲み込まれて、これまでの自分がなくなってしまうのではないかという不安と怖さ。

周りのひとも、親も、これまでのひとつ小さな自分を忘れてしまうのではないかという不安と怖さ。

潜在的に、息子は、今こんな不安や怖さと闘っているのではないかなと感じました。

(注:夢の解釈はあくまでひとつの「仮説」です。)

大人だって、18歳になったその日から急に「大人」にはなれません。

みんなどの段階でも「ひと続き」で、だんだん大きくなっていくのです。

ひとつ大きくなる新年度。

大きくなる「気がする」新年度。

大きくなることへの期待と喜びは、その人の成長を促してくれる大切なものです。

ただ、これまで積み上げてきた小さなひとつひとつを忘れがちな時期。

こどもが何か不安定なサインを出したら、少し小さかった時のことや、今まで積み上げてきた時間を思い出してみるのもいいかもしれません。

そして、まだまだ〇年しか生きていないことを思い出してみてもいいかもしれません。

不安で怖くて仕方のない、私にとってはホラーな夜でしたが(笑)、大切な大切なことに気付かせてくれた出来事でもありました。

こどもの中で起こっていること。

大人の中で起こっていること。

当事者ではなかなか見えないことがたくさんあります。

私も、本職の心理学のことなんて忘れて、ただただ不安に飲み込まれました。

でも、夫と話すことで視野が広がり、大切なことが見えてきました。

いろいろな感情が入り混じる新年度。

自分ではどうすることもできにくい環境に慣れることに一生懸命で、不安と緊張に包まれやすい新年度。

こどももそうだし、そこを支える大人も、知らないうちにこころが疲れやすい時期です。

こどものこと。大人自身のこと。

ひとりで考え続けるのは誰でも不安です。

カウンセリングやさまざまなケアを通して、少しでも光が射してくるといいなと思います。