トラウマを何とかして欲しいんじゃないんです、私を何とかして欲しいんです。

って、直接言われたことはないですけど(笑)。

でも、カウンセリングをしていると、そういう事なんだろうな、と思うことが多々あります。

カウンセリングを受けてみようと思ったきっかけとして、例えば、パニック発作的なこと、不安症状、抑うつ感、強迫観念(頭ではそんなことしなくて良いと分かっているのに、ひたすら確認してしまったり)、のような症状に困って、ということがあります。

それから、自分に自信が持てない、人前で緊張してしまう、自己肯定感が低い、希望が持てない、など心の中で人知れず苦しんでいる場合もあります。

また、発達障害の特性で困っていたり、最近注目されているHSPのような特性があって生きにくくなっている人もいたり。

そして、幼少期のトラウマや愛着の再形成が必要な場合もあったり。

でも、実際にカウンセリングに来られた時、自分の何が問題なのか、この辛さはどこからきているのか、どうなりたいのか、そういう事がはっきり分かっている人ばかりではありません。

まず、そこから一緒に紐解いていくことも多いです。

語られることの背景にある事を、カウンセリングに来られた方が自覚するより前に察して、救っていくこと(このことは、別のブログでも書きましたが、そして自分でも常々振り返って反省しなければいけないことですね・・)

これが出来ないと、目の前の見えていることばかりどうにかしようとして根本解決に結びつかず、カウンセリングに来られた方は、傷ついたり、疲弊してしまったりします。

ですので、自分がしているカウンセリングの大切な一面として、新しい心理療法や知識を常にアップデートして、期待に応え続けられるよう努力をしています。

でも、それらをただカウンセリングに適用するだけでは、足りないと感じていて。

時には、これまでの経験からくる直感やその時の思い付きで、思い切って独自のことをしたりもします。ここは専門家として、というより、自分の性格によるところも大きいのかもしれません。

その人にとって、必要な事だと感じたら、それをやらないではいられない性分(笑)。

そうやって臨床をやっている時、不思議とカウンセリングがスムーズに進んで、時間が経つのがあっという間で、クライエントさんと自分の間に流れる関係も心地良くて。

ああ、これが癒しの時間なんだな、と思う瞬間。

カウンセリングに来られた方からすると、これが『私を何とかしてもらった』という感覚につながるのではと思います。

とても良い心理療法は世の中に沢山あるし、これからもどんどん開発されていくし、それらを学び続けるんだろうけど、今ココでの癒しの時間に辿り着けるとは限らない。

凄く大切な、このカウンセリングでのひと時、少しでも多くの人達と育んでいきたいと思います。

“トラウマを何とかして欲しいんじゃないんです、私を何とかして欲しいんです。” への3件の返信

  1. いつもお世話になっている者です。
    (経済的なこともあり、月1回くらいで、2年ほどになるでしょうか…)

    もともと私の抱えていた問題は、とても重いものだと思っていたので、この2年でここまで楽になるとは思ってもいませんでした。

    「ああ、これが癒しの時間なんだな、と思う瞬間。」
    心葉さんのカウンセリングの中で私も経験しました。
    こうやって言葉にしてしまうと、安っぽいというか、嘘っぽいくなってしまってうまく伝えにくいのですが、心からそう思えた感覚が残っています。そして、それが今の私の支えになっています。

    何とか楽になりたくて、いくつかカウンセリングを受けてきましたが(傾聴的だけど結果的に何も変わらないもの、その他認知行動療法やスピリチュアル系など)心葉さんのカウンセリングは、何か一つの形式なものにとらわれるのではなく、目の前の人を(私のそのままを)良く見て感じて対話してくれている感じがしています。
    この事は、日常の中では、なかなか感じられない瞬間だと思います。

    HPに書いてあるようにまさに先生の手の内(と書くと上から目線でしょうか…)と経験からくる「感覚」を混ぜ合わせた「オーダーメイド」の感じです。

    困っている人、治すべき人 としてではなく、ひとりの人として向き合ってもらっている感覚だけで、私にとっては「癒しの時間」になっている気がします。

    何かの〇〇療法とかではなく、あの場にいられることが癒しなのではないかと、つくづく思っています。

    まだ私の問題は、先が長いものだと自覚しています。

    でも、ここならば大丈夫と思えています。

    人生の中で、ここに来れた事、本当に感謝の気持ちで一杯ですし、言葉では足りない思いで溢れています…。

    これからもよろしくお願いします。

  2. 常に臨床経験にて人の心の面について先端を目指す先生との対話やブログを拝見し、私の中で…

    ヘーゲルの名言
    「我々が歴史から学ぶことは、人間は決して歴史から学ばないということだ。」

    を想起しました。

    心のこともそうなんじゃないでしょうか。
    ヘーゲル以外にも孟子を始めとする数百年前の思想家の言葉が現代人の心に刺さるのは、人の心が進化しておらず文明に取り残されてしまっている証拠だと思います。

    第三次世界大戦が起きないにしても、トラウムを抱えてしまう社会環境は戦争をしているのと何ら変わりない気すらして来ます。

    そして、同時に今の自分のズルイ処だなと感じているのは帰着点を開示しないままでありながら

    「楽(ラク)して楽(ラク)になりたい」

    という”ズルさ”です。

    金木犀さんの表現をお借りすれば『まさに先生の手の内』で、その辺りついては先生に回答を頂きましたが

    兎角…

    「こんなに毎日心労しているのだから、心を楽(ラク)にする時くらい、楽(ラク)な方法で…。」

    という姿勢でカウンセリングに臨む自分に反省点を感じます。

    そういう中に於いても、心が限界の時にそこから踏ん張って頑張って心をなんとか…なんて、とても出来ない…世の中の人は、そんなに優しくないです。
    叱咤叱責されて終わりです。

    だからこそ具体的な情報に後ろ盾されたお話なども通して、心葉のオフィスは元より展開されている業務の中で先生とお会いして話す時間はそんな重荷を一旦下ろさせてくれるオアシス的な場所になっています。

  3. トラウマとか発達障害とか不安神経症とか。
    この情報過多な世の中、少し調べれば、自分の状態がどんな括りの中にあるのかだいたいわかる。

    でも、自分でそれがわかっても、周りからいろいろ言われても、たとえば病名がついてひとまず薬が出たとしても、いつも根本解決には至らない気がする。
    結局じゃあどうしたらいいかがわからない。

    まさに困っているのは、日常をうまく生きていけている気がしない自分自身の存在。

    その根っこの部分の癒しが得られるかもしれないということなのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。